たと5年目になってもカーナビのように買取金額が下がる事は無い車

たと5年目になってもカーナビのように買取金額が下がる事は無い車

物品の買取では、年式は大きなポイントになります。販売されてから年数が経過してしまっている品物などは、やはり売却金額も低くなる事が多いのですね。
車もそれは同様です。5年ほど経過している車などは、やはり売却金額は低くなると考えた方が良いでしょう。

 

自動車とカーナビの買取の違いと5年目での金額

 

ところで車に付属しているパーツにも、その年式が大きく関わってくる事があります。人々が不要になった車を売却する際には、それに付いていたパーツなども売却するケースがしばしばあります。その1つがカーナビなのですね。とても便利なパーツではありますが、やはり車が不要になってしまった以上は、それを一緒に売却する事もあるでしょう。

 

そして前述のようにカーナビも、年式が関わってくるのです。やはり最近販売されているタイプのカーナビなどは、比較的高く売れる傾向がありますが、古いタイプの波の場合はちょっと金額も厳しくなる傾向があります。車とほぼ同じですね。

 

ところでカーナビの場合は、5年目という年式が1つのボーダーラインになってくるのです。なぜならその年式を迎えたカーナビの場合は、買い取り金額が大きく下がる傾向があるからです。
車のパーツの買取を行っているお店も沢山ありますが、ナビの状況によっては買取が困難だと伝えてくる事があるのですね。その1つが、上記の「5年前に販売されていたタイプ」のカーナビなのです。4年前までのナビであれば買取になる事例もしばしば見られるのですが、さすがに5年目や6年目を迎えたナビになりますと、ちょっと買取が厳しくなります。お店によっては買取どころか、ナビを無料で引き取る事もあるようですね。

 

ところで車の場合は、さすがに5年目が寿命ではありません。確かに車も5年目を迎えると買取金額は下がるのですが、それでもナビほど大きくは下がりません。
車の場合は、もう少し寿命が長いと考えて良いでしょう。なぜなら10年落ちの車などでも、お店によっては高く買い取ってくれる事もあるからです。特に大手のお店などでは、10年落ちの車を買い取っている事例が多々ありますね。

 

カーナビというのは車に付随しているパーツなのですが、車よりは「ゼロ円買取」になってしまう寿命が短い訳です。それに対して車の本体は、ゼロ円買取になるまでの寿命は比較的長い訳ですね。ある意味、それは車買取の特徴の1つとも言えるでしょう。
ですので5年落ちの車でも、試しに車の査定手続きを受けてみるのが良いと思います。かなりの確率で、金額を付けてくれると思う次第です。