果たして車のお店は本当に赤字覚悟で買い取っているか

果たして車のお店は本当に赤字覚悟で買い取っているか

車買取のお店は、たまに赤字覚悟という表現を用いることがあります。主に査定の手続きで、その表現が用いられている事が多いようですね。
というのも査定の手続きの段階では、車の売り手と査定士との間で交渉が行われる事になります。その交渉の際に、上記の覚悟という表現が用いられる事があるのです。

 

赤字覚悟との表現を用いてくる事がある車買取会社

 

例えば査定の手続きの段階で、お店の担当の方から108万円で買い取りますと伝えられたとしましょう。そしてそのお店の担当の方が、さらに「この後弊社ではオークションに流しますが、その時の落札見込み額は108万円ですので赤字覚悟です」などの表現です。
そのような表現を聞きますと、確かに赤字のようなニュアンスが感じられますね。なぜなら車の買取店は、もちろん転売という方式で利益を生み出しているのです。100万円で買い取った車を130万円で転売すれば、利益が生じる事になるでしょう。しかし上記のような話ですと、オークションの落札金額と買取金額との間に、差額がありませんね。実質ゼロ円の利益に見えるので、それでは確かに赤字覚悟のように感じられるでしょう。
その赤字覚悟という表現を聞きますと、確かに車の売り手としては「このお店ならお得に売却できる」等と感じられるかもしれません。利益を犠牲にして買い取ってくれている位ですから、きっと高く売却できる等と思いこむからです。
出典:プリウスを買取・下取りに出す前に!高額査定を引き出せ

 

 

実際は消費税があるので赤字ではない

 

しかし実際には、上記は赤字にはならないのですね。というのも車買取のお店には、消費税があるからです。よく考えてみると、その消費税に関するトリックが発生しているのですね。
まず来店客から買い取っている108万という金額は、実際には消費税込みなのですね。それでお店の帳簿などには、「来店客から100万円で車を買い取った」などと記録できるのだそうです。
そしてオークションで落札される108万という数字なのですが、実はそれもまた消費税が絡んでいます。実はオークションでの落札金額の108万は、消費税「込み」ではないケースが多々あるのです。実際の落札金額は消費税込みで、1,166,400円になります。100万円で買い取った車が116万円近くで売れている訳ですから、実際にはそこそこ大きな利益が発生しているのですね。経費分を差し引いても、意外と大きな利益額になっているでしょう。
ですので車買取り会社による赤字覚悟という表現を鵜呑みにしない事も必要だと思います。上記のような消費税も計算してみて、金額が妥当かどうかを判断してみると良いでしょう。